レビトラの効果

レビトラは、バルデナフィルという成分が含まれており、バイアグラに含まれる成分とは別のED治療薬です。
水に溶けやすい性質で、服用後10~30分で効果が現れるなど、ED治療薬の中では即効性があります。またレビトラ10mgで5~6時間の効果があり、持続力も優れています。食事に影響を受けにくいという説がありますが、実際は食事や飲酒による影響を受けやすい薬です。そのため空腹時に使用するなど、服用には注意が必要になります。
レビトラには、外部から性的な刺激を受けて興奮すると、自然な勃起を促す効果がありますが、精力剤のように無理やり勃起させる効果はありません。
レビトラの効能には勃起のメカニズムと密接な関係があります。男性は性的興奮や刺激を受けると、cGMPという物質が増えて、海綿体に流れる動脈を拡張させます。すると大量の血液が流れ込み、海綿体が膨れ上がることで勃起の状態になります。このまま勃起した状態では体に負担がかかるので、体は勃起を抑えて休ませようとします。このときPDE5と呼ばれるcGMPを阻害する酵素が発生し、海綿体に血液を送る動脈を収縮させます。
勃起不全の症状がある人は、cGMPの量が極端に少ないか、PDE5の分泌量が多すぎるため、勃起に必要な血液量が不足しているのが原因です。レビトラはPDE5の分泌量を減らす効果があり、自然な勃起を促す治療薬となります。そのため勝手に勃起するようなことはないので、性交渉時には必ず外部からの性的な刺激および興奮が必要となります。
レビトラの副作用にほてり、頭痛、めまい、鼻閉、消化不良や嘔吐などがあります。少しでも不調を感じたら、医師に相談するようにしましょう。

<勃起不全の治療薬はこちら>
レビトラ 通販
シアリス
カマグラ